ジャグラーの結果は打つ前から決まっている!?
わりとよく聞くオカルトですね。今日はこれについて考えてみましょう。

簡単にいえば打つ前に、今日は何枚出るかがプログラム等(遠隔や基盤変更含む)
によって最初から決まってる。と言うもので波理論に近い感じですかね?


出る時は打ち方変えようが変則打ちしようが出る。
出ない時はどんな打ち方しても出ないし人が変わっても出ないといった考え方。

たしかにバカ勝ちするような時ってどんな打ち方しようが出っ放し状態です。
(もちろんその逆も)
こんな事から上記オカルトは生まれたものかと思います。

 

例をあげると一日2000枚出る台でA君が1000枚出してやめ、
B君が1000枚分飲まれ、次のC君が2000枚お持ち帰り
といったように一定の波があるといった考え方が一般的のようです。

波理論は、パターンにより○○な展開だからこの後出るといった株でいう
テクニカルチャートみたいな考えも多いですが、最終的に出る差枚数が
決まってるのであればたしかにこれでパターンを読むことも可能なのかもしれません。

それでは検定に通らない

しかし、上記理由だと検定に通らない。

検定後に店に来てからイジってんだよ!」「検定なんて建前」など反論ネタも尽きないので、
すべての情報開示がない限りオカルトネタは常に平行線でしょう。

オカルトは個人で楽しむ分には自由です。
上記オカルト理論で勝ってる人がいればそれはそれで結果出してるので否定しません。

以前有名なとこでサミーのコピー打法なんてありましたが、あれかなり早い段階に
2chでオカルトとしてバカにされ埋もれたネタでした。
しかし蓋を開ければ実際効果のあるオカルトでしたし、オカルトと言われてようが
それで結果がついてきてるのであればそれはお宝の片鱗を触っているのかもしれません。

バカバカしいと否定する前にまず自分で試してみる事も大事です。

自分はオカルトは推奨も否定もしませんが、人がオカルトを続けるのは続ける
メリットを感じるからで、当たりが引けないオカルトなんて誰も継続しないと思います。

と、今回も読んでくれた人にスッキリする明確な答えを述べれてませんが
謎であるからオカルトは面白いって事でw