ゴーゴージャグラー 北電子「ゴーゴージャグラー」の公式サイトがオープン。


ゴージャグと言えば4号機時代の機種でジャグラーに初めてワイドリールとマックスベットボタンを搭載した台なのだ。ちなみにジャグラーの快進撃はこの機種から始まったと言っても過言ではない。

今では信じられないけど、当時のジャグラーには3枚がけ機能がなく1枚がけを毎ゲーム3プッシュしないといけなかったのだ。いまだスタート時にMAXベット連打してるジジババいるけどこれは頭がおかしいんじゃなくてその頃の名残だったりするんだよねー。

またリールをワイドにするといった大改革も大成功を収めた。
コレ以前のジャグラーはとにかくリールが小さかった…。
若かりし頃の管理人がガン見しても目押しミスるほどの難易度でリプレイハズシは普通に上級者向け。

そんな小さいリールを見やすくしたお陰で初心者層が気軽に打てるようになったのがこの「ゴーゴージャグラー」。今でこそジャグラー=初心者みたいなイメージあるけどその元を作ったのがこの機種。

そんな偉大な功績を残した機種のリメイクってことだけどどうなっているのか見てみよう。

筐体の比較

SPゴーゴージャグラー筐体 まずは筐体を比較してみよう。
上が4号機ので下が今回の。

見ての通り…
ニューアイムジャグラーのパネル違いにしか見えないw リール配列も異なるし豆電球でもなし。もう少しゴージャグの特徴を活かしてほしかった所。
せめて30パイVerみたいにバックライトが点灯するといった演出でも継承していれば個人的にはポイントアップなのだが…

ゴーゴージャグラーのスペック

スペック ご覧頂けただろうか…。

設定6でも機械割107%届かずアイムのボーナス確率が若干軽くなった程度の半端な印象。
わざわざゴージャグの冠をかぶる必要性があったのか??と思う謎機種。

これなら演出ゴチャゴチャ搭載したハイパージャグラーのリメイク出したほうがまだウケそうな気もするけど。
あとは導入してからのお楽しみってことで(;・∀・)