ファンキージャグラー攻略 北電子「ファンキージャグラー」の攻略情報まとめ。
記事内ではスペック解析・設定判別など主要な情報の解説や実際に実践で感じたファンキーの波の荒さや狙い目ポイントはたまた高設定挙動などを掲載中。

ジャグラー5号機シリーズで19作目。
新シリーズと言うことでリプレイ絵柄には新キャラとなるワンコが登場。
%e3%81%be%e3%82%8d%e5%90%89 ネーミングキャンペーンの結果犬の名前は『まろ吉』に決定。

機種名の通りファンキーな演出も多く追加されており、今までのジャグシリーズとはまたちょっと違ったテイスト。詳しい詳細は下記にて。


スペック

 BIGREG合算出玉率
設定11/275.41/452.01/171.197.0%
設定21/271.91/407.11/163.098.2%
設定31/267.51/372.41/155.799.8%
設定41/260.11/366.11/146.6102.0%
設定51/253.01/302.01/137.7104.3%
設定61/232.41/275.41/126.0109.0%
スペックは出率だけで比較するなら「ハッピージャグラー2」に近い感じ。とは言えBIG先行タイプなので性能的にはみんジャグに近い。設定6の割は申し分ないけど5はできれば105%ぐらいはほしいところ。高設定域が不安定な機種は失敗多いからねジャグガやらミラクルやら…。

基本情報

 詳細
メーカー北電子
ベース約35G
導入日2016年7月11日
販売台数20,000台
タイプノーマルAタイプ
天井非搭載
コイン単価約2.3円
ボーナスはアイムジャグラータイプでBAR揃いBIGはなし。BRどちらの場合も各リールに7図柄を狙ってボーナスを揃える。

ボーナス

ボーナス一覧表
ボーナス図柄獲得枚数
BIG7揃い312枚
REG7・7・BAR揃い104枚
ボーナス終了後1G目でBIGを引くとファンキーVerの軍艦マーチ。100G以内のゾロ目ゲーム数の場合は星条旗よ永遠なれが流れる。
1G連 小ネタで1G連することで筐体上のジャグビーランプが点灯。

告知方法

  • GOGOランプ先告知:1/4(レバーオン、リール始動、停止ボタン有効時
  • GOGOランプ後告知:3/4(第3ボタン離した後)
後告知はさらに1/2でガコッ音が発生。

GOGOランプによる告知は従来通りの振り分けで新プレミア演出は下記の通り。

プレミア演出


告知後告知先告知その他
GOGO!エレキ点滅第1第2停止時BET時・レバーオンじ・第1第2停止時
ガコガコマシンガン第3停止ボタン離した瞬間第2停止時
ドリフト告知
ドリフトストップ第1停止からスタート
7セグ
上記の表では演出の種類とその発生タイミングを記載。

PVにて一部演出が見られるけど、エレキ音、ドリフト音、ガコッの嵐ガコマシンガンなどとにかくド派手な演出が盛りだくさん。これキュイン付きの店だとさらにカオスだろうね…。

打ち方

リール配列 打ち方 通常時の順押しは基本左リールに2つあるBARを交互にロータリー打ちしチェリーをフォローするのみ。この場合ベルとピエロを取りこぼす可能性があるけど出現確率を考えるとチェリーフォローの打ち方のほうが効率が良い。


フラグ判別に使える逆押し手順に関してはアイムジャグラーEX(シリーズ系)の打ち方にて図解付きで解説。

ボーナスの揃え方

アイム系同様にランプ点灯でボーナスが成立したら1枚がけで中リール上段に赤7図柄を目押し。下段停止時はボーナスを揃えそれ以外はブドウの可能性あり。詳細な揃え方は上記リンク参照。

設定判別・攻略

ボーナス確率

ノーマルタイプなので、まず目安とするのがボーナスの初当たり確率。

上にも書いたようにBIG先行タイプなのでREG確率は他のシリーズより重く初当たりの確率は「みんなのジャグラー」に近い。設定1だとBR比1.64倍と大きく乖離しており数字上だとバケは引きづらい。ただあくまで数字上で実践にてホールを見てる人なら余裕でバケが走る台があるのでバケ確率を過信しすぎるのも問題。あくまで目安程度に留めておきたい。

一応狙い目となるのはBR比率が近い台(1:1に近いほど良し)なおかつBR合算1/130切るぐらいの台がボーダー。打った人なら解るけどファンキーはとにかく荒いのでクソ合算から怒涛の連チャンで合算6並みなんて台も多いのである程度回ってる台なら履歴をキチンを追う事が先決。合算が良くてもハマりと連チャンを繰り返している台は避けなるべく安定した当たりで合算の良い台を心がけたい。

動画

PV


試打動画


設定6の試打となっているので6の雰囲気を味わいたい人はこちらを視聴。

感想・評価

ピエロ

で?実際のところどういった台なの?


ジャグビー

機種名の通りとにかくファンキーだよ


と言ったようにファンキーの感想は一言にまあ波が荒いw
シリーズで個人的な体感で比較をするならジャンキー>ファンキー>ガールズといったところ。

BIG比率が高い機種だけあり一旦ツボに入ると怒涛のBIG連打で低設定でも2,000枚くらいペロッと出すポテンシャルを秘めている。ホールで実際打ってて確認できたのは一撃3,000枚クラスもあり。

まるでストック機?と思うわずような怪しい1桁数珠連が頻繁に起こるのも特徴の一つ。まだ数十回程度しか打ってないけど1G連も頻繁に起こるし偏りが凄い感じ。逆に俗に言うジャグ連ゾーン100G抜けると嫌な予感しかしない。

ゴージャグやマイジャグなどマイルド系なら100~150Gの早い戻しも十分期待できるがファンキーは250Gまでに当たってくれればほっとするレベル。
1000Gハマり とにかくハマりがきつく上記のようにハマる前は合算1/100で途端に豹変し1,000ハマりなんて事は余裕。ネット上ではBIG間で3,000Gなんてのもあったよね(汗

2000GでB10R0とか超極端なパターンなどBIGが走りだすと止まらないタイプ。自分は状態って呼んでるけどw個人的には夕方からの稼動が多いから出る時しっかり出るファンキースペックは個人的には好きな部類。

設定6実践

高設定でも出した出玉を飲む時は普通にガンガン飲むので夕方からでもヘタレ辞めの台を結構拾えるのがメリットの一つ。

夕方稼動の際に4500GB19R18で合算1/121と当たりは軽いものの出玉がついてきておらず600Gハマり状態で捨ててあるケース。この手の台って8000G回してもB28R30なんてな感じでバケは申し分なくてもBIGが弱く出玉が伸びず合算数値で見ると設定5付近で落ち着くってパターンがとても多い。あとは店の信頼度次第で6が入るかどうか?で判断していく必要があるよね。
一撃 して今回のパターンは夕方から息を吹き返しその後ぶん回して最大ハマり250Gでほぼ連チャンと夕方から4,000枚吐き出したパターン。他ジャグシリーズで4000G回して後半反応が鈍く当たりが重くなってくるパターンは中間フェイクの可能性が出て来るが、ファンキーはツボにさえ入ればこの手の夢もあるので仕事帰りにしか打てないサラリーマンタイプはファンキー狙いも視野に入れてほしい。