過去を振り返ってばかりでは前には進めない。けどたまに思い出して懐かしむのもまた人生の楽しみ

って事で、ふと目に留まった本が一冊

パチスロ黄金時代「4号機」伝説 (洋泉社MOOK)

(詳細は画像クリック)

パチスロの5号機以前の機種のデータ等を完全網羅しており、飲みの席などでもいいネタになる一冊この上ない

昔は勝ちより楽しさ重視だったためいろんな台打ちまくったけど、いやはやマイナーな機種も結構ありますね(;´Д`)

導入された店あるの?って台も数知れずw

自分は花火後期~の世代でしたが最初の頃は今と違い店員さんが目押し禁止の店多くて目押しができない人にはとても不利な時代でもありました。技術介入全盛期なので目押しができる人、できない人では収支に大きな差が生まれる時代です

もっと恐ろしいのは、完全技術介入で設定①でも割り100%越えを叩き出す機種もありました

(逆にオヤジ打ちだと設定⑥でも割り100%ギリギリな機種もありました)

甘いとされる代表的な機種としてはクラコン、花火、そして・・ジャグラーなどがあります

当時は減算値による判別は元より、いろんな小技が使えたので朝一はかなり(゚д゚)ウマーでしたね

この頃から過熱するパチスロ業界

パチスロといえば4号機の獣王を初めとする爆裂AT機が有名ですが、万枚を意識させるようになったのはやはり「アステカ」ではないでしょうか?

(もっと遡ればアラジン2の集中とかか?花火以前は詳しくないもので・・・)

当時は、新宿、上野、アキバが3第メッカでしたが、アステカ=アキバ。みたいな空気が地元にはありました。

(新宿グリンピのサンダーとかね)

他にも裏物もかなり多かった時代ですからね、今通ってるサブ店なんか当時は裏専門店みたいな感じの鉄火場でしたがリニューアルしてからクリーンなイメージを全面に出して過去の事が嘘だったかのような風変わりになってますw

当時は摘発もうけてたような店なのに今や地元の顔役ですし解らないもんです

つか、思い返せばAT機なんかより裏物のほうがよっぽど鉄火場だったな・・・

特に神奈川は裏専門みたいなとこ多くて、リノ、ジャグラー、ニューパルとかなんでも裏化してて普通に万枚出てたからねw

軍資金は普通に20マソは持って歩いてたし、たしかに今考えると恐ろしい時代だわ

と、まあ本一冊見るだけで過去の回想を楽しませてもらいました。

さて、この後はどうなっていくやら?現状スロ業界は瀕死の状態ですし手心が加わるのも近いかもね。6号機で規制緩和されて少し過ぎれば「そーいや、5号機なんてあったね~」って感じでしょうか。

つか、スロの黒歴史として名を残すかもしれませんねw