歴代GOGOランプ ジャグラーといえばスロッターから長きに渡り愛される光れば100%ボーナス確定となるGOGOランプ!

技術介入全盛期では完全告知機は素人向けwwなんて低評価だったが5号機になり、老若男女に打たれるスロット界に無くてはならない存在にまでになったね。ペカリストならずともこの神々しいペカリに癒される人も多いはず。

こちらのページでは4号機初代から5号機現在までの歴代のペカ画像を掲載していきます。

GOGOランプは豆電球による暖かい光とLEDランプによる光の2種類があり現在はLEDが主流です。
(理由としては豆電球だと電球切れなどいろいろ面倒だからみたいです)

ではさっそく画像を見て行きましょう。


ファンキージャグラー

ファンキージャグラーのGOGOランプ 暗めの筐体に映えるランプの色してるね。飲み屋街のネオンのような怪しい雰囲気が嫌いじゃない。

今作はエレキ点滅やガコガコマシンガンなどプレミア演出も新たに追加されランプ演出も派手に。

マイジャグラー3

マイジャグ3GOGOランプトラっぴ点灯色の変化飛び出す分裂 マイジャグ2の後継機ってこともあり前作の多彩な演出に加えてさらに今作では上記のような告知パターンが追加。

中でもインパクトがあるのが、飛び出すゴーゴーランプと25分裂するランプ。
ともにBIG確定のプレミア演出。

また、今作ではランプわきのハンドがトラっぴに変更。レバーオン時このトラっぴが瞬きで光るプレミアも!?

ゴーゴージャグラー

ゴージャグのGOGOランプもわもわ 4号機ゴージャグSPのリメイク機。

初代同様にシンプルな仕上がりになっていて、告知は後告知のみとなっている。

ランプ演出はマイジャグのように多くはなく視覚的に違いがあるのは通常パターンと点灯非点灯を繰り返す『もあもわ』パターンのみ。※プレミア演出にはレバーオン時無音や3秒フリーズなどが搭載。

ハッピージャグラーV2

ハピジャグ2のGOGOランプ チェリー払い出し 上部LED 前作の全消灯以外にも筐体上部にあるLEDが点滅するパターンが追加。

LEDは通常はレインボーとなるけど、チェリー重複の場合はここが赤くなる。

みんなのジャグラー

みんジャグのGOGOランプ Vフラッシュ レインボー 全消灯 ジャグユーザーの要望を体現した台でとにかく豊富な演出に注目。
リール配列も今までと大きく異なるので違和感を感じる人も多かったのでは??

演出も通常に加えてレインボー、リールVフラッシュ、パネル全消灯などが存在。

ジャグラーガールズ

ガールズのGOGOランプ 4号機ガールの後継機となる「ガコッ」にこだわった一品。

告知後にガコればBIG確定などガコッ好き必見の台。

マイジャグラー2

マイジャグ2のGOGOランプ GOGOのみ チャンス非点灯 ハンドランプ

チャンスアップ演出

ステップアップ ステップアップ2 完成 マイジャグの後継機でランプの演出も大幅に増えてファンの多い機種。

上記画像にあるようにとにかくランプ演出の数が半端ないw
CHANCEが光らずGOGOだけ光るパターン(その逆パターン)やサイドのハンドギミックが光るパターンなど豊富な種類が存在。

また、一風変わったレバーオンから第3停止ボタン離すまでステップアップ形式でランプが完成されていく面白いものもある。この他にも歴代機種の色に対応したカラフルな色変化も楽しめるぞ。
色変化

ニューアイムジャグラーEX(EX-KT)

ニューアイムEXのGOGOランプ3連ランプ アイムの正統後継機。
新筐体ではあるけどスペック面はまったく同じ仕様。

ミラクルジャグラー

ミラクルGOGOランプ ハイジャグのような多彩な演出を組み込みさらにスペック面もバケ確率が設定5が一番軽いといった冒険的な仕様。

正直スペックが半端で勝ちづらいイメージしかないのだけど(;・∀・)

アイムジャグラーAPEX

アイムAPEXのGOGOランプ 基本アイムとう同仕様だけど、こちらは左リールにBAR付チェリーが止まらずともペカる可能性あり。

マイジャグラー

マイジャグのGOGOランプ え!?GOGOランプが中央に!?

ジャグラー史上初の試みとなる中央ランプ配置機種。
これにより回りの人を気にせず目押しができる利点が生まれた。アホな店だとキュイン仕様にしてるところもあるけどw

ハッピージャグラーV

ハピジャグのGOGOランプ 全消灯 こちらは5号機初の黄色ランプ。
4号機ゴージャグを彷彿とさせる機種で絵柄も踏襲。
またBIGボーナス時は7絵柄・BAR絵柄どちらでも揃えられる点が支持を得た。


GOGO以外にもパネル上下が全消灯するパターンも存在。

アイムジャグラーSP

アイムSPのGOGOランプ アイムの後継機で筐体が新しくなり合算が軽くなったスペック。

ランプの輝き方が微妙に違うので見比べてみては!?

クラシックジャグラー

クラジャグのGOGOランプ 5号機初の豆電球機で旧来のファン歓喜の懐かしい光。

演出もとてもシンプルに仕上げており、基本後告知で唯一の先告知にはレバーオン時バックライト消灯が搭載。

ジャンキージャグラー

ジャンジャグのGOGOランプ まさにジャンキー…と思わす強烈な荒波仕様。

1000ハマりの目撃例などはほんとザラww
クソはまりからのランプはとても安心するのであった。

ラブリージャグラー

ラブジャグ赤ランプ ラブジャグ青ランプ 赤青2種類のランプを搭載。
アイムではBAR揃いBIGが無くなった不評からこちらでは7揃いとBAR揃いの2種類のBIGが復活。

アイムジャグラーEX(7)

アイジャグのGOGOランプ 5号機初となるジャグラーでアイムとアイム7(スペックが微妙に異なる)2機種のランプが↑これ。

ファイナルジャグラー

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97 文字通り4号機最後のジャグラー。

5号機へ移行する際の短い期間のみ活動した短命な機種。
しかしパネル数は歴代ジャグでもTOPクラスだったりする。

ジャグラーTM

TMのGOGOランプ とにかくシンプルの一言。

無駄な機能を付けず基本後告知のみのシンプルな仕様。
それだけにサイレント(無音)演出は逆にインパクトがあった。

ゴーゴージャグラーV

ゴージャグVのGOGOランプ ジャグVの後継機となるけどランプの色は通常色。

前作ガールでLED化して一部不評の層からもアツい支持をされ長期稼動した機種の一つ。

ジャグラーガール

ジャグガのGOGOランプ 初のLEDランプ搭載機。
またガコッが生まれたのもこの機種が初。

豆電球で育った世代からするとLEDランプは当初は不評だったけどランプ切れの問題点が解消されたのでホールからすれば手間が減った形に。

ハイパージャグラーV

ハイジャグのGOGOランプ 今までのシンプルな演出から演出多数の機種へと生まれ変わった機種。

フリーズやフラッシュなど若者ウケを狙った演出が多数あった個人的には大好きだったけど年配層のウケはイマイチだった(;・∀・)

ゴーゴージャグラーSP(S-30)

%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%bcsp%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97 ワイドリールやMAXベットボタン搭載でジャグ人口が爆発的に伸びたのもこの辺りから。
この機種は25パイ、30パイの2種類があって30パイにはバックライト点灯といった新演出も搭載。

設置数、設置期間ともにシリーズの中でもTOPクラスの1台。

ジャグラーV

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%bcvgogo%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97 2作目はランプは色が黄色に変化したりリール絵柄が変わったりと大きく変化。
また先告知=BIG確定が初めて生まれたのもこの機種。

初代ジャグラー

初代ジャグのゴーゴーランプ 1996年にパチスロ界にデビューした初のGOGOランプ。
豆電球を採用していてじわりとした温かい光がユーザーを魅了。

もっと画像を見たいって人はGOGOランプがペカった時の出目画像たっぷりでもご堪能いただけますw