4号機のジャグラー共通して使えるメダルを32枚投入して設定判別を行う方法。

手順としては以下の通り。
  1. コインを32枚投入(CRは29)
  2. そのまま1P消化
  3. 5枚手持ち
  4. 9枚手持ち
  5. 7枚手持ち
  6. 手順4・5を繰り返す


CR(クレジット)30付近で判別小役が落ちる場合、設定変更の可能性大となり、逆に30付近以外なら据え置きの可能性が高い。
え?意味がわからないって最初に見た方はわけわからないと思うので順に説明していきましょう。

4号機のジャグラーには小役カウンタというものが搭載されており、小役出現率を調整し払い出しを一定に保つ機能があります。例えば千円で30回平均回るのに最初の千円で20回しか回らなかったとすると回らなった分、小役確率をUPさせてお返しすることで調整がされます。

この小役カウンタはBIG終了時と設定変更時にリセットされます。これを逆手にとるのが判別法(ただ店側に対策されると意味ないですけど

使い方の一例
当日設定6を打っていたけど、打ち込みが弱かったから明日も据え置く可能性が高い。そんな場合は閉店前にできるだけ小役をわざとはずして打っておきます。小役カウンタは小役を外せばそれだけ小役を揃えようと小役確率がUPするようになってます。

では次に最初にあげた手順の方法を説明します

設定判別の手順解説

①は単純に32枚のメダルを投入します(CRとはクレジット表示の事です)
②もそのままで①で入れたメダルで普通にレバーを叩くだけです。
③からちょっとややこしいですが、5枚手持ち手に5枚メダル持ってください。ここから2枚のメダルを投入+MAXベット押して回してください。(2枚+ベットで1枚=計3枚掛け)また2枚のメダル投入してベットボタンそうすると次は残り1枚のメダルが残りますこれも同じような要領で1枚メダルを入れてベットボタンを押します。これで最初に手に持った5枚がなくなります

そしたら次は④の9枚手持ち。これも③と同じように消化します。以下手順通りに作業してください

できればこれを100プレイほど実行すると信頼度もあがります

で、CRの値が30付近をキープする場合、設定変更の可能性大。30付近以外(30より大きく下がったり、あがったり)なら据え置きの可能性が高い。というわけです

できれば設定変更台より前日高設定確定台の据え置きなどで使う事が効果的になります