常時にブドウやらチェリーやらやたらと回る時がありますよね?
この回りがいい状態の時はペカりやすいってオカルトです。

4号機時代はジャグラーには小役カウンターが付属しており
小役高確率中はペカりやすくというオカルトが流れてました。


その理由としては、目押しができないおばあゃん達が、
あからさまに低設定なのにペカペカ当たりを引いたりしてるのは、
小役取りこぼしてばかりで高確率状態ゾーンが長いためペカりまくると言われてました。

では、検証。
小役カウンターはあくまでも小役の補正であり
ボーナス確率には影響はしません。
高確率時にボーナス当選率があがるようなら
プロはみんな小役取りこぼして打つ事でしょう。

なので、これはたんにオカルト…といいたいのですが、
もうちょっと突っ込んでみると小役カウンターのない
5号機でも回る時って当たり引きますよね?

これも理で説いてみると、回る=回転数を稼ぐ。
だから当たりを引きやすいのは当然。
例えば1000円で20回回るのと1000円で50回回るのだったら後者
のほうが当たりを引ける可能性が高くなりますからね。

回りが良いからペカるのではなく、たくさん回したからペカると考えていいかもです。