ジャグラーだけに限らずパチスロで一番大事なのは情報収集です。
これが立ち回りの第一歩となるので面倒くさがらずに最低限の情報は調べましょう。


機種情報を調べる

スロット台の解析情報はある程度は頭に入れておきましょう。
すべて覚える必要はありませんが設定差が出る部分はチェックしておく必要があります。

ジャグラーであれば、BIGとREGの比率、重複チェリーの振り分けなど設定事に差が出るポイントは覚えておいたほうが良いです。
おおまかに判別できるだけでも継続するか止めるかの目安にもなります。
ある程度の目安がないと、「続行しようかどうしようか…」と迷ってしまうことにもなり結局出玉を飲まれてしまったなんてことにもなります。そのため、指針となるべきものはあったほうが自分のためにもなります。

最初のうちは、判別誤って高設定捨ててしまう場合もあると思いますが、それでOKです。
常に自分を信じて打ちましょう、そのうち判別の精度も上がってきます。

「もしかしたら、まだ伸びるかも?」
「まだ当たりそうだ」

などと根拠のない自信は悪い結果をもたらす場合が多く、
数字を目安とした立ち回りが一番失敗が少なくなります。