最近パチ屋の風当たりがいろいろと強いですね。今回はその辺についてちょっと考えてみます。

他の地域は解りませんが、都内はパチンコ大嫌いの都知事さんが節電を理由にさらに過熱し「パチンコやめちまえ」と猛烈パチ屋叩きをしておりパチ屋批判の機運が高まっています。

これに((((;゚Д゚)))ガクブルなパチ屋は節電実施期間(7月~)に先駆けて
  • 外壁の照明の消灯
  • ネオン・看板・電光掲示板などの消灯
  • ホールの間接照明の消灯
  • 自動販売機の 照明を消灯
  • ホール内の照明を50%間引き
  • エアコンの設定温度を2度上げる
といった事をすでに実施している店舗も多いです。

地元の何店かはジャグラーの上部パネルも消灯していて見るからに出なそうな雰囲気になってますw

beforeAfter

並べてみると一目瞭然。やはり明かりがあるなしでは、印象が大分違ってきます。さらに被害妄想が発展してる人はパネルランプが切れてるとGOGOランプも光らないように思ってしまうかもです。

と、まあ節電ムードで逆風の中さらに業界のイメージを下げる事件


覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、東京都江東区、パチンコ店運営会社「ガイア」社長渡辺直行容疑者(38)を逮捕

ただてさえ叩かれてる業界に追い打ちをかける事件ですね…。

その他の予定

今現在節電に加え実施が予定されているのは7~9月の平日月3回以上の輪番休業と広告自粛とかなり厳しい縛りとなっています。特に日銭稼ぐパチ屋なんかは1日休みがあるだけで損失は大きなものです。これにたいして休業補償があるわけでもなく補填するのは言うまでもなくお客さんです。

そんな流れの中、出玉バンバン出してアピールするような店舗はなくどの店も嵐がさるのをひたすら待つ守りの営業。これから実施予定の内容はパチ屋には不利な内容でしかないため今の時期突っ走るパチ屋は少ない事かと。(収入減するのが確定してるのに、支出を増やすわけにはいきませんし)

ともあれ今の時期は打ちたいなら5スロや1パチ打って過ごしてるのがいいかもですね。等価スロはミドルARTを中心とした誤魔化し営業ばかりですし(´・ω・`)

ただ高設定がないわけではなく、単に比率の問題。地元は軍団があぶれてる状態になってますが、比率が減少すればあぶれる人も増加するのは当たり前のこと。「自分は超うまいから大丈夫!」って人は気にしないで平気ですw

なんかいろいろ詰め込みすぎたまとまりのない記事になってしまいましたが、大雑把にまとめてみました。