ふと夕方に立ち寄ったお店での事

アイム1

インパクト率100%なアイムジャグラーが居ました。(現状合算1/68)

稼動の薄い店ですが、メリハリ型でたまに6は使ってるため数字が良ければ打つ価値はあります。

と、言うよりジャグ打ちとしては今後の展開が気になりますので、打ちます(`・ω・´)

なぜこうなった!ジャグを打ってみよう

たかだか800G程度しか回ってないとは言え、この軽さ(1/68)と脅威の連荘率(連荘率91%w)間違っても1kで引いてそのまま続けて10連なんて夢のような展開にはまずならないだろう。ある程度の投資は覚悟して打つ事になりそうです。

と考えるとあっさり3kでB(単)R(複)R(単)
と続き素敵な予感がしてきます+(0゚・∀・) + ワクテカ +

しかし、アイムのこの程度の展開で油断してては足元をすくわれます。6を変に意識せず慎重にデータを集めましょう。

とりあえずブドウ100回時点では6.18と可もなく不可もなく

その後バケ寄り展開で、持ち玉飲まれ1k→R→飲まれ→2k→R→→飲まれと微妙に削られる展開で気がつけば総投資10kとなります。相当強い要素がない限りアイムでは10kをボーダーにしてますので現状の持ち玉内である程度推測できるデータがほしい所です。

結果

アイム2
B5R16
回転数2268G
B1/453
R1/141
合算1/108
合算値は今だ軽いもののボーナス展開が重くなってきたのと、自身バケ6発中重複は初回1発のみで比率のバランスが悪いのも目につきます。ブドウは100回時で6.18、200回時で6.08と上向きのため高設定要素をまだ残しますが、不安要素が出てる時点で早々に見切っておきます。

なんだかんだ言って一番の理由は作った下皿をあっさり飲むような台は信用しないです。

2000~3000Gでバケ強、BIG弱の6のケースももちろんありますが、この状態で追うのはリスクのほうが高いと判断します。店の信頼度が高ければもう1チャンス追ってもいいのですが…

2日後

次の日は用事があったため、2日後に答え合わせに行きました。

アイム3

回転数からして、辞めた後に案の定客が付いて閉店近くまでブン回した形跡です。(自分が8時頃まで打ってたので)
B11R23
回転数4818G
B1/438
R1/209
合算1/141
後任者が高設定確信してブン回したんでしょうが、BIGが酷い有様ですね…

この回転数で1/400超えとなると相当シンドイです↓

オカルトで言えばバケが極端に寄った台はその後もBIGが弱いケースが多い感じです。(そもそもこの台高設定じゃない可能性高いですし↓)

後任者データだけ見てもらえば解るよう
B6R7
回転数2550G
B1/425
R1/321
合算1/196
ここだけ抜き出してみれば、どれだけ酷いか一目瞭然

アイムの一時的な良い挙動はほんと宛になりませんね┐(´д`)┌ヤレヤレ

今回は早い見切りで被害は最小限でしたが、これも結果論にすぎませんからね。6の可能性も残して捨てているわけなので、仮に6でその後伸びていれば見切りミスとなります。

ただここはどちらの可能性が高いか、ようは濃いか薄いかの問題。比率で例えるなら20%で6、80%で低設定なら同ケースとして5回に1回は6を捨てる形となりますが逆に4回は危険回避する事ができます。アイムで月単位、年単位で負ける要素として1番多くあげられるのが過剰投資。ここさえ抑えてキチンと流していれば、安定した収支の得られる機種ではあります(大きく稼げる機種ではありませんが)

最後に能書き垂れた割には普通に負け記事なんですけどねw