昔をふと振り返ると過熱した4号機時代は幕を閉じ5号機の時代

4号機時代にはたくさんいたスロプロも大分減ってきました。4号機時代は自分も爆裂機メインで打ってましたが特にでかいイベント以外は確実に設定が入るジャグラーを主軸としてました。この頃は設定発表や設定公開がOKな時だったのでそれなりに信頼度も高くジャグにはかなりお世話になってました(`・ω・´)

当時から甘いとされていただけあり、同じような戦略をとるスロプロも多くかったです。主要な優良店はジャグ専プロもたくさんいて朝も狙い台がかぶりやすいため朝からいい意味で鉄火場って感じで楽しかったのもまた事実。

しかしそれも5号機とともに陰りを見せあの頃にいたスロプロも1人また1人と姿を消していってしまいました、今では島で知ってる顔は常連のおじちゃん達くらいでジグマなプロはいなくなってしまいました。
(´・ω・`)ショボーン

プロ

この背景にはご存知のよう5号機になり見切りが早くなった分、一台当たりに対する投資が少なく稼働率が落ちるため設定配分も悪くなりツモ率も落ち、ツモれたとしても割りが低いためメリットが薄いといった点が挙げられますね(厳密には他にもいろいろありますが・・・)

アイムに変わってからも一時期はジグマな人もいましたが、やはりアイム一本で生計立てるのは無理だと悟ってか時とともに姿を消していきました。今でもにわかプロはたまーに出てきますが1ヶ月を持たずに消えちゃいます。これを見てもジャグラー一本でやっていくのはどれだけ大変か物語ってます

現在アイムで立ち回ってる人のスタンスは一日粘るスタイルよりある程度取ったら逃げるってスタンスのほうが多く、割りが低いだけに高設定一日打ち切るといった4号機スタイルには向かないって点もネックですかね

以前のプロも設定が入る競争の激しい店に流れたり引退?しちゃったりと現在自分のホーム(一時期は栄華を極めた優良店)のジャグ島は寂しい限りです。

また規制が緩和されれば活気が戻ってくるのかもしれませんが、現在消費も冷え込んでますし以前のように戻るにはまだまだ時間が必要ですかね~