今回は前回記事の最後で匂わした縛りについてです。

12月のジャグラー縛りは「手堅い打ちまわし」でしたが、なんだかんだいい結果に転びました。

1月は波について検証してみようかと、波といっても機械の波が一般的ですが今回は人間が持ってる波というか流れですかね?

マージャンでいう場の流れを読むといった考えが近いかと思います。

暫定的に下り、通常、上りの3種にわけどの転機で流れがどう変わるか?と見てみたいと思ってます。

またまたマージャンで例えてしまうと、ベタベタな手に振り込んでしまうとそっから下り気味、裏目裏目な悪しき流れになったり、逆に上りの時はペンカンチャンの薄いとこあっさり持ってきたり一発引いたりと顕著に表われるケースがあります。

マージャンも確率論を有するゲームですが、スロと同じで簡単に数字だけですべてが収まるってわけじゃないのは両方打ってる方はご存知の通り。

今回はそんな己自身の流れをジャグラーで試してみましょう。

そもそも流れとは?

別にスロに限らず日常で口にするこの言葉。言い方を変えてみれば占い、厄払い、風水など挙げれば数限りありませんがどれにも言えるのがこの流れが源流ではないかと。未来の流れを知りたい、悪い流れを払いたい、気の流れを活用したい等たしかなる根拠もないのに現代までその理論が残ってるって事は本能的に流れを人間自身感じ取っているか、知らずのうちに根拠たるなにかを体験し深層心理に植え込まれてるかかな~と。

まったく的外れな事書いてる気もしますが、それを踏まえてジャグラーで試してみましょう。

と、ここまで書きましたがよくよく考えると記事書くの面倒になりそう・・・

なので、公言しましょう

「流れを検証するかも!!」
これに決定(`・ω・´)イチカク

あいかわらずのやる気のなさに、自分でもがっかりですwB型特有のいい加減さはこーゆー所でアピールしておきましょう

さあ、謎は暴けるかな~