Aタイプ(ノーマルタイプ)が幅を占める割合が年々減少して
今やAT主流の時代。
なんか4号機の【花火、サンダー、パルサー】→爆裂AT全盛期
の流れになってきてますね(;・∀・)
アイムジャグラーEX

5号機も一時期は【うる星やつら、桃太郎電鉄、北斗の拳将、エヴァ】など
ボーナスのみで出玉を増やすタイプが主流でしたが、いまやこの手の
タイプはほとんど無くなりホールによってはノーマルタイプはジャグラー
だけって店も多いのでは?

じゃ、なんでここまでノーマルタイプが減少したのか?
ざっと思いつくのは下記三点。

1・ARTのほうが儲かる

まあこれは極自然のことですね。
企業ですから利益を追求するのは至極当然のこと。

パチ屋が基準にする1つにコイン単価ってのがあります。
平たく言えば、数値が高ければ儲かる、低ければ儲けが少ないといった感じ。
ちょっと語弊があるかもしれないので補足すると、コイン単価の高い機種なら吸い込みも激しいけど吐き出すのも激しい。ようはAT機のような機種。

逆にコイン単価が低い機種はノーマル機のように
出たり入ったりしてるマイルド系。

ノーマルタイプが平均2.0円ぐらいで秘宝伝(太陽)
のようなAT機で3.2円といった具合になります。

2.見せ台が作れる


ART,AT機なんかは設定1でも事故れば数千枚ぐらいは普通に出ますので
見た目に華が出ます。
最近の機種は吸い込みも激しいですけど、その分吐き出すのも速くなっている
ので稼動があればそれなりに出てるように見えます。
積んでても差枚マイナスなんてことも多いけど

逆にノーマルタイプはよくも悪くも設定に忠実です。
ジャグラーの低設定でも一時的に暴れて吐き出すことはありますが、終日打ってある程度まとまった枚数出すためにはやはり設定ありき。

割の高いノーマル機の設定6打った人ならわかると思いますが、こういった台は
終日当たりっぱなしで他の台とは明らかに違う挙動なので解りやすいです。

低設定でも事故れば高設定かも?と勘違いしてもらえやすいART機と異なり設定入れないと見せ台が作りづらいノーマルタイプは扱いが難しいです。

3.稼動をつけやすい


ノーマル機と違って一撃の夢が見られるのがART・AT機。
夕方からデータの悪いノーマルタイプ打つくらいならART機のほうが夢はありますし、◯枚突破なども札も刺さってる台を見ると素人なら一見良さそうに映ったりもしますからね。

また、最近の機種では天井機能の恩恵も大きいためある程度ハマると天井を目指す
人が多いのもひとつの要因。

と、まあなんとなく書いてみましたが上記のような理由が主じゃないすかね。