今回はジャグラーというよりパチンコ業界の視点でパチンコ屋事情を考察してみましょう。
パチ屋の闇はとてつもなく深いです、でもここで書くのはなんなんで、詳しい事は書きませんが、表向きのネタをいくつか挙げてみましょう。
(気になる人は「パチンコ 闇」などで検索)

店

パチ業界といえば市場規模が30兆円という莫大な規模です、言うまでもなくこれは皆様が貢献しているお金です。パチ屋ってのはとにかくお金がかかります新台(1台20~30万)費用、電気代、広告費、人件費などなど。人件費ひとつにしても他のバイトと比べパチ屋は高額バイトに属します(時給1500円程度)

これらの費用はすべて負けた人の財布から出てます、負けてる人はパチ屋に貢献するために打ってるようなものです。まあ、表向きはパチ屋は遊戯場ですので高いゲーセンと言われればそれまでですが…

と、まあこれ見て負けるのバカバカしくなりません?
基本的にパチスロにしろ競馬にしろ胴元が儲かるようなシステムになってます。
この時点で対等な勝負しているわけではありません、仕組みを知っているものが有利でなにも知らないものが不利なのです。厳しい言い方ですが、「無知は罪」で知らないものが悪いのです。

なので勝つためには少しでも自分に優位な情報を集めましょう。
(以前に打たないのが一番安全なんですけどねw)