アイムジャグラー実践データ
アイムジャグラーの実践結果です。

いつもは、打ち始め前に写メするんすけど、今回は単に伸び上がりのグラフで確率のいい台ちょろっと打ったらその後伸びたんで打ち終わり時の画像になります

最近、データグラフ見てて思うのはBIG先行台のほうは差枚プラスになってるケースが多いって事。(データグラフは過去3日の差枚などが確認できます)

一般的に言われるBR比率1:1の6っぽい台よりBIG先行の確率のいい5っぽい台のほうが手堅い結果を出してるって点です。ここで考えるのがベース設定を高めにして設定6を使わないようになり他設定がたまたま6っぽい挙動をしているだけ?なのか。などと考えてしまいます。

そうなると必然と設定6狙いより5狙いのほうが堅い結果が残せます。まあアイムジャグラーの割り考えてしますと5を狙う意味はほとんどないんですけど。結局のアイムはヒキに左右される点が大きいので。

実際のところアイムで判別はしてますが判別結果が設定6上回っていても出玉のほうで結果がついてこないケースは結構あります。設定が高いほど当たる確率も上がりますが引けない時は6でも引けないですからね。なので時間との兼ね合いもありますが引ける時引いて引けなくなったら設定よさそうで逃げるヒットアンドアウェーが最近のアイムジャグラー打つ際のスタイルになっています