パチスロに問わずギャンブルにカテゴリーされているものはすべて運だと思っている人は少なくないと思います。

「いつも○○打ってる人いつも勝ってるな~運いいな~」などパチスロ終わりその辺で飯食ってると聞こえてきた会話です。同じ店で打ってたので話の内容から誰かはすぐに検討がつきましたがこの会話をしてる人は間違った認識であると思いました。

仮にその勝ってる人A君ですが、ジャグラーの島でバッティングする事はないのですが店を回ってるとキッチリよさげな台ツモッてるのでうまい人だな~と覚えていました。

ただ決して運がいいから勝ってるわけじゃありません、勝率を上げるためそれ相応の努力や知識など持ってます。動きを見ていればだいたいの技量がわかりますが、打ってる際もこまめなデータやグラフ確認、店の稼動状況や設定配分など現在ではなく次の事(明日)も考えて情報を集めています。

運とはそもそも努力や知識などは皆無でありたまたま良い事が転がり込んでくることであり個人差はあれ有限であるのです。いうなればコインの裏表のようなもので今まで不幸がない人などいないはずです、いい事があれば悪い事もある。(まあ、不幸を不幸と考えないポジティブな人は含まれません)

以上の事から上のA君は勝つために勝てる可能性は最大限に広げている結果勝率を上げてるわけです。それを運という簡単な言葉で片付ける人はパチスロで勝つ続けるのはむずかしいでしょう。

前にも言いましたがプロが存在する世界には勝てるルールが存在するって事です。ギャンブルの定義は一か八かであり完全に運任せ、そう宝くじの部類です(宝くじで風水や数字研究を努力してる人がいると思うのでこれもそれを知らない素人発想かもしれませんが・・)

そもそもパチ屋が何十兆円産業といわれて各地に乱立していった背景を考えればどれだけ負けている人が多いのか想像するのはたやすいと思います。ただの運だけでは勝てない世界です。それでもそれで生活するプロの存在がいるわけであり、運だけで勝ち続けている人はいないと思います

なんで運だけですべてが決まると思ってる方がこれを読んでる時は運ではなく勝つためにはどうすればよいか?と少しでも考えてもらえれば幸いです